* 歴史と経緯 *

1979年3月、日高町(現日高市)で開設されたのをきっかけに、その年の8月、翌年入学児を持つ親たちが集まって、11月に『富士見小学校区に学童保育を作る会』結成。自分達で貸家・指導員を探して1980年3月富士見学童保育所を開所しました。開所したものの財政状態は厳しく、対市交渉を重ねた結果、12月に社会福祉協議会から10万円の補助を得ることができ、更に翌年、県学童保育運営補助を得ることが出来ました。
1982年、2ヶ所目の加治学童保育所、1983年に3ヶ所目の飯一小学童保育所と次々に開所しました。この年3学童保育所で『飯能市学童保育連絡協議会』を結成しました。各学童とも人数が増えた為、もう一つの補助金である都市児童健全育成事業費補助金を受けるため、市連協で対市交渉を行いました。その結果、市も積極的に県に働きかけてくれ、1985年3ヶ所とも都市児童健全育成事業費補助金を受けることが出来ました。
1988年3月に富士見学童保育所は増加する入所児に対応するために、双柳学童保育所と2つに分かれました。1989年4月、美杉台小学校開校により美杉台学童保育所が開所しました。4月2日告示で『飯能市学童保育事業運営費補助金交付要項』が作られました。1990年3月に原市場学童保育所と加治東学童保育所が開所し、飯能市には学童保育所が7ヶ所になりました。
1991年度(平成3年度)より厚生省の放課後児童対策事業が開始され、補助金を受けて放課後児童のより健全な育成に努めています。
1997年学童保育も法制化され、飯能市でも1998年4月に美杉台学童が児童館併設の児童クラブ室として公営になりました。
しかし、民営の6学童では、補助金と保育料による運営が、その年の児童数により大きく左右されてしまうなど、財政的に大きな負担になってきていました。また、保護者によるボランティア的な役員や会計の処理など多くの問題点も抱えていました。そんな中で市連協では、2001年より現在の民営学童の様々な問題点を解決すべく3ヶ年計画の一つとして、専従の事務局員を雇用し、統一運営組織設立に向けて準備を続け、2004年4月より、統一運営組織「飯能市学童クラブの会」を設立しました。
現在飯能市では、民営学童が12ヶ所(クラブの会4ヶ所含)、法人委託が4ヶ所、計16ヶ所で子どもたちが元気に生活しています。

* 学童保育の役割 *
★学童保育とは★

学童保育は、共働きの保護者たちが「子育てをしながら働き続けたい」「わが子に豊かな放課後の生活を過ごさせたい」という、切実な願いで生まれたものです。これまでの運動の積み重ねで、国(厚生労働省)・県・市から「放課後児童健全育成事業」の補助金を受けながら、保護者からの保育料を加え運営が行なわれています。民営である当会では、安全に安心して子どもたちが生活できるよう各クラブに専任で複数の指導員を配置するなど、指導員体制の充実をはかり本来の目的(子どもたちが安全に安心できる生活の場)を達成する努力を続けています。
近年、児童の居場所作りとして「放課後子どもプラン」も実施されています。全児童を対象とした行事やイベント的な「地域子ども教室」と、学童保育とは本来異なった役割を持っています。
学童保育では、それぞれの子どもたちの家庭や学校で抱えてその日の気持ちや、感情を受け止めてくれる指導員がいます。また、近年少なくなった『たて(異年齢)のつながり』を大切にした友達関係の中で、文化活動、行事等も取り組みながら遊びを通して人間関係作り、豊かな放課後の生活を過ごしています。また、働く親にとっても指導員と子どもの様子を伝え合いながら共子育ての場にもなっています。学童保育は、学校だけでは育たない「心の豊かさ」を養う場といえます。共働き家庭など、子どもたちの放課後の保育に欠ける家庭が増えている現在では、年々社会的な必要性も高まり、大きな役割を担っています。

★学童クラブの役割★

「共働き、一人親家庭の小学生の放課後及び学校休業日の生活を継続的に保障する。そのことを通して、親の働く権利と家庭の生活を守る」

学童保育は、働く親たちの「子どもに安全で豊かな放課後の時間を過ごさせたい」思い・愛情・責任から生まれました。ただ単に、子どもを預かり、時間と安全を追うだけの施設ではなく「安定した毎日の生活を保障する」豊かな生活を親と子どもと指導員と共につくることを大事にしています。

* 保育目標 *

一人ひとりの子どもが、学童を拠り所として安心して生活できる場としての実感を持てるようにすること。

働く家庭の子どもたちの生活の現実をとらえ、子どもたちの思いや感情を受け止め、励ますこと。

子どもが自らの体験を通して認識を深め、生活を豊かに築いていくことができるようにすること。

自分自身を大切にし、友だちを認め励まし、支えあっていけるようにすること。

親との伝え合いを通して、働く親を支え、励ますこと。

* 学童クラブについて *
★学童クラブ★
学童クラブの名称 所在地 小学校 利用者の地域
飯一小どろんこクラブ 山手町13-8 飯能第一小
飯一小あおぞらクラブ 山手町13-14
双柳たけの子クラブ 双柳1194 双柳小
原市場かたくりクラブ 下赤工519-1 原市場小
★開所時間★
指導員勤務時間
通常時 午前10時30分~午後7時
一日保育 午前7時30分~午後7時
※学童に連絡をするときには上記の時間内にお願いします。
★保育時間★
保育時間
通常保育 下校時~午後7時 月曜日~金曜日
特別保育 午前7時30分~午後7時 毎週土曜日
・春・夏・冬休み
県民の日(11月14日)
開校記念日
学校行事による振替休業日等
★休所日★

日曜、祝日、8月15日、年末年始(12月29日~1月3日)

★対象児童★

飯能市内の小学校に在籍している保育に欠ける児童(1年生~6年生)