★歴史・施設★

1989年 原市場小学校から、放課後、飯一小学童に通っていた5名の児童の
保護者が中心になって、原市場学童のつくり運動が発足しました。

1990年 4月2日月曜日、原市場学童保育所(原市場かたくりクラブ)が開所しました。水道も通っていない空っぽの小さなプレハブに1年生~4年生まで16名の児童と指導員2名で原市場学童が誕生しました。

<現在>

1年生から6年生まで60名の子どもたちがかたくりクラブで過ごしています。

<西川材の産地>

清流と山林に囲まれた自然豊かでのどかな原市場です。
今も、山水の溜め地では「赤はらイモリ」「沢がに」「サンショウウオ」「モリアオガエル」などが見られます。イノシシ、シカ、サル、タヌキ、ハクビシン、クマ、モモンガ、キジなどに出会うこともあります。

原市場建物①
原市場室内①

★学童での生活★

自然に恵まれた原市場かたくりクラブの子どもたちは、放課後、学童の庭で虫取りに夢中になり、目の前の原市場小学校校庭で近所の子どもたちも交えて野球やサッカーやドッジボールで遊んだり、近くの原っぱや山に散歩にでかけるなど、学童での生活を伸びやかに過ごします。外に出られない雨の日も、保護者たち手作りの屋根の下に広がるデッキで、解放的にゆったりと過ごすことができます。

★指導員★

学童つくり運動から携わって今に至るコーノ、保護者から指導員になったベテラン指導員イト、大学卒業したてのフレッシュな新人ジン君の3名が正規指導員。大野さん、ジュンちゃん、秋元さん、水野さん、ゲンちゃん、コーヘイ君が指導員補助です。
大学生のお兄さんやお姉さんもバイトで入ってくれます。

指導員同士のチームワークもかたくりクラブの自慢の一つです。指導員と子ども、子ども同士、指導員と保護者、保護者同士、学校との連携・・・
新たな人との出会いと豊かな人とのつながりを育みあえる学童でありたいです。

※2018年4月よりベテラン指導員イトは飯一小どろんこクラブへ異動となりました。
みっちゃん、ダイモンと呼ばれ、新天地でがんばっています!
大学卒業したてのフレッシュな新人カツタ君が新しい仲間となりました。
飯一小あおぞらクラブでアルバイト・パート勤務を経て正規採用です。

原市場かたくりクラブ

〒357-0126
埼玉県飯能市下赤工519-1
TEL 042-977-2411

★ギャラリー★.